成田山新勝寺光明堂の倶利伽羅不動2020年02月13日 00:12

反射光があたるのは僥倖と言えますが、太陽の当たり方も季節、時間で変わるので、出会いをいただいて撮ることになります。
光明堂の左側面の不動利剣にも夕陽があたる時間があります。当たり方で表情は変わります。この写真では下部は陰になっていて、不動利剣に絡む龍の表情が浮き上がります。
夕陽が沈むにつれて陰も移動します。さまさまな陰の当たり方を撮った中から選んだ1枚です。
ホームページ「成田山に通い、いただいた写真とご縁」の光明堂、「不動明王、不動利剣」にもx昨年の四月に撮った3枚の同じ倶利伽羅不動の写真があります。

https://xn--7or01q0qbm49c.jp/naritasan/komyodo/honogaku/fudo/index.html

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://multieye-8y.asablo.jp/blog/2020/02/13/9213127/tb