江戸彫、後藤正綱の霊亀と朝日の共演2020年04月02日 20:53

光明堂の北面にある後藤正綱の霊亀、朝日が直接あたるので、それなら、と再訪して撮影してみました。最初は全体にあたっていた朝日が「成田山」の文字が影に入り、下枠の霊亀にだけ日があたるようになった時を狙っての撮影。前回の写真よりも霊亀が鮮明に浮かび上がり、背景の「成田山」の文字が引き締めて、上面の霊亀もアウトフォーカスながらも存在を主張しています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://multieye-8y.asablo.jp/blog/2020/04/02/9230890/tb