山車も御輿もある成田祇園祭2012年07月10日 18:53

成田祇園祭の珍しい特徴として、山車と御輿が同時に町を練り歩くことがあります。御輿についている鳥居には「成田山」という額がついています。神様は大日如来で、その一日目、境内の奥の院前を出発して夕方にJR成田駅そばの権現山に到着、ここで神様同士が逢い引きするのだとか。もちろん、御輿が一晩留め置かれるだけですが・・・。
権現山は湯殿山の神様のようです。
写真は最終日、大本堂前に勢揃いした山車の中を街へと出発する成田山の御神輿。左端の屋根は三重の塔です。